岐阜動物ランドでは、無料にて里親探し・迷子探しのお手伝いをさせていただいております。

>> 里親探しはこちら

>> 迷子探しはこちら
責任者 新川正春
(にいかわ まさはる)

〒501-1151
岐阜県岐阜市川部一丁目
電話 : 090-5600-2112
E-mail :
info@doubutsu-land.com

お預かりした方からのお便りです。
<< お便りトップページに戻ります

名前
ラビ君(ウサギ)
飼い主様
宮城様
住所
神奈川県横浜市
お預かり期間
2003年9月13日〜2004年3月12日
ご無沙汰いたしております。その後、お変わりなくお過ごしでしょうか。うちのラビ(うさぎ)を預かっていただいたのは、確か2003年9月から約半年間だったと思います。
その頃は私が遠距離介護で家を留守にすることが多く、ラビの世話を知人に頼んだりしていたのですが、だいぶ長期になってしまった為、次の預け先をさがしていました。たまたまインターネットで動物ランドさんを知り、お願いすることにしましたが、最初は、神奈川県からは離れているので心配でした。でも、電話で新川さんから色々とお聞きして、他にもうさぎを預かっているとの事でしたので、思いきって連れて行きました。
預けている間もホームページで写真を見ることができましたし、時々ラビの様子を知らせていただき安心してお任せすることができました。ラビは、家に戻ってからもお陰様で元気です。もう、9年目に入り、目も見えないので動きがゆっくりですが、おやつのときだけは、すごく喜んでぐるぐる回って催促します。できるだけ長く、元気でいてほしいと思っています。本当に色々お世話になりました。新川さんもどうぞお体大切になさってください。
ラビの写真を送らせていただきます。
天気の良い日は時々、少しの間ですが庭に出してやります。最近はプランターでラビのおやつ用のにんじんを育てて います。とても喜んでくれますよ。やはり一番の楽しみは食べることみたいです。もうすぐ梅雨になりますが、どうかお身体大切にお過ごしくださいませ。

▲ページTOPへ

名前
ジョイ君(猫)
チェリーちゃん(猫)
飼い主様
三浦様
住所
名古屋市
お預かり期間
1998年7月13日〜2004年10月11日
松の内も明けて、寒さに入りひとしおの寒さが続いております。その後、新川さん共々、お変りありませんでしょうか? 私の記憶も近頃では、定かで無い事が多くなって参りましたが、新川さんの所に、二匹の猫を預かることを訪ねたは、六年前の夏だった気がします。
私の所は母子家庭で淋しかった為か、捨て猫を見ると、すぐに拾って来てしまう、息子を見て叱るだけも出来ず、私も決して嫌いではないので、今にも死にそうな声を出して泣いている子猫を見てしまうと情が湧いてしまい、結局、気がつけば私と息子、4匹の猫と一緒に生活をしていました。
しかし、六年前の夏、私達家族にも色々あり、引越しをする事となったのですが、どうしても動物を飼う事が出来ない所だったので、色々と悩みました。
幸い、二匹は生後、数ヶ月の子猫で新たな飼い主も見つかり今は幸せに暮らしているそうです。
後の、二匹「ジョイとチェリー」は5才を過ぎた位で、なかなか貰い手も見つからず途方に暮れていた時、岐阜の友人から「動物ランド」の事を聞き、新川さんの家を訪れる事になりました。
私も忙しい毎日を送っていたので逢いに行く事も思うようには出来ませんでした。
毎月、新川さんからの電話で幸せに暮らして居る事は教えてもらっていたので、何一つ心配する事もありませんでした。
預かってもらうようになって、一度会いに行った時「ジョイもチェリー」も凄く穏やかに、のびのびと暮らしている姿を見て安心し、逆に、ここにいた方が「幸せ」なんじゃないかと思える位、可愛がってもらっていました。
そして、五年半が過ぎた位から「ジョイ」が口内炎のになり、新川さんが毎回、病院へ行って下さりました。2004年9月に「ジョイ」の容態が悪くなり、一時はきけんな状態で覚悟をしていましたが、病院の先生や新川さん達のお陰で、助けて頂く事が出来ました。
しかし、これ以上、新川さんに負担をかけてしまう訳にもいかないので「ジョイ」の容態が落ち着いた頃、迎えに行く事に決めました。
「ジョイもチェリー」も今年の春が来ると12才になります。 これからも私と息子、そして「ジョイとチェリー」、楽しく穏やかに暮らして行けたら幸せに思います。
新川さんを、はじめ沢山の人達に愛された「ジェイとチェリー」。離れて暮らして月日を埋める事が出来るぐらい大切にしてあげたいと思っています。
お世話になり本当にありがとうございました。

▲ページTOPへ

名前
チョコ君(猫)
クッキーちゃん(猫)
ポッキーちゃん(猫)
飼い主様
山嶋様
住所
大阪市
お預かり期間
2004年4月22日〜10月21日
秋を通り越し、もう肌寒く感じる季節ですが、いかがお過ごしでしょうか?
私をはじめ(チョコもクッキーもポッーキーも寒さを感じず走り回っています。
姉が喘息持ちで、私も顔にじんましんが出てしまい大変でしたのでみんな毛を刈る決意を固め、ライオンカットの愛くるしい姿で帰ってきました。また、時間見つけて画像送ります。
このたび、オーストラリアへ留学のため、愛おしい息子たちとの、しばし離れ離れのときを過ごすこととなり、はじめは友人の元で預かりをお願いしていましたが、困難となり、インターネットで調べていたところ生まれ故郷でもある、岐阜県に長期ペットホテル「岐阜動物ランド」のホームページを知りました。
私は国際電話を通じ、新川さんにいろいろな不安を質問でぶつけ、そのたびに、確実な答えを返して頂きました。 次第に、不安も消え安心して我息子たちを新川さんに預けることができました。
クッキーの様態が急変したときも、迅速に動いていただき誠にありがとうございました。更に信頼と、安心して半年間預けることができました。
お迎えに行ったときの、息子たちの幸せそうな顔が「このままここにいさせて!」と語るようで悲しかったですが、新しい家にも慣れ、毎日運動会するほど元気いっぱいです。
内気な性格で他の預かりの猫ちゃん達と仲良く生活していけるだろうかと心配していましたが、「親の心、子知らず」のようで、無用な心配でした。うちの子が社交的になってくれて嬉しいです。
本当に、このたびはお世話になりました。
短いですがこの辺で失礼いたします。ありがとうございました!体に気をつけてください。

▲ページTOPへ

<< お便りトップページに戻ります
長期お預かりした方からの送られてきたお便りです。お写真から元気そうで嬉しく思います。
Copyright (C) 2007 GIFU doubutsu-land All rights reserved